転職が難しい薬剤師と転職しやすい薬剤師の違い

転職が難しい薬剤師と転職しやすい薬剤師

薬剤師,転職,難しい

あなたは、薬剤師さんの転職は難しいと思いますか?

 

実は、転職しやすい薬剤師と転職が難しい薬剤師がいます。その二者ではどういう特徴があるのかお教えします。

 

転職が難しい薬剤師の特徴は、転職回数が多いことです。転職でも理由の部分が大事です。転職理由を他者の責任にしたり、人間関係で止めてしまったとか、そういことが原因で続いて転職している薬剤師は、転職支援サポート会社でも売り込みが難しい部分はあります。
転職回数が多い人は、まず自分の転職理由を知ることが前提です。転職するというには、どこかしら前向きな理由があると思いますので、プラスの要素をピックアップしながら面接の場で採用側に伝えることができれば、成功できる可能性はグッと上がります。

 

転職しやすい薬剤師の特徴は、コミュニケーション力があることです。調剤薬局でいえば、調剤薬局は接客業と言われる時代です。会話、コミュニケーションスキル、がかなり求められています。薬剤師さんもコミュニケーション力が求められる時代になってきています。


転職に失敗する薬剤師さんの傾向

転職したい理由はいろいろありますが、その理由が、ぶれてしまう人は転職を失敗してしまう傾向が強いです。例えば、休みが多く欲しいので転職したいと考えている人が、求人情報を見ていて、たまたま今よりも給料の高いところをみつけたので、応募してみようかなという人は以外と多いです。

 

これは気をつけたほうがいいです。なぜかというと給料がいいということは、それなりの成果を求められます。勤務時間も多くなるので、休みが欲しいから転職しようと考えていたのに、いつの間にか給料を多くももらいたいということにすり替わっていて、転職したとしても休みが解消されないということがほとんどです。結局、転職したけれど、こんなはずじゃなかった、また転職したいとなってしまう人が多いです。

 

転職したい理由、今の会社をやめたい理由をしっかり明記して、わからなくなったら、そこに戻るようにしましょう。

薬剤師は転職が多いとどうなるか?

結論からいうと転職が多いと、あるとき転職できなくなります。ただし、これは、男性に限ります。女性に関しては、結婚、出産、旦那さんの転勤とかあるので多くても大丈夫です。転職回数が5、6回でも比較的転職可能です。

 

男性は、5、6回過ぎてから雲行きが怪しくなってくるのでなるべく転職はしないように、今いる職場の中でどうキャリアを積んでいくかを考えてキャリアアップを考えてください。転職エージェントを利用していると、転職回数が多くても大丈夫ですよ、というキャリアコンサルタントがいますが、これは売上アップを企んでいるので気をつけてください。

薬剤師,転職,難しい