転職支援サービスが向かないのはこんな人

転職支援サービス,向かない人

転職支援サービスというのは、ビジネスとして売上を上げるために頑張ってあなたの転職を成立させようとするわけですから味方につければ非常に心強い存在なんですけれども逆に、「この人は転職しずらそう・・・」と思われてしまうと途端にシビアな対応になります。

 

企業の求人意欲や採用意欲が低いときには、その傾向が顕著です。特に、中高年の方に対する人材紹介会社の扱いはシビアです。どんなにお願いをしても面談にすら応じてくれないとか、これまで紹介してくれていたような付き合いのあった人材紹介会社であっても、今後はサポートはできませんという風に連絡が来ることがあります。できれば、せっかくの人材を紹介してもらえるチャネルなので1社でも多く人材紹介会社を開拓していただいてルートを獲得していただきたいところなんですけども人によっては、事実上人材紹介会社の活用が難しいというケースもあるかなと思います。

 

それから年齢以外の点でも条件がよくないと厳しいです。例えば、これまで全く正社員の経験がないんだけど正社員になりたいという方です。あるいは、正社員の仕事をしてきているんだけど、特にこれといった売りが見当たらない人とか、自己都合の転職を何度も繰り返してきてしまったような人です。

 

そういった人は採用の可能性が低くなるので人材紹介会社が積極的に対応をしなくなるということです。

 

それから向かない人は、大きなキャリアチェンジを目指す人です。なぜかというとキャリアチェンジして経験のない領域に移ろうとすることは、やっぱり採用の可能性が低くなってしまうからです。

 

上で説明したような人というのは、なかなか転職支援サービスの活用って難しいですが、少しでも活用の可能性を高めるためには、転職支援サービスのコンサルタントと面談をする前に十分な準備をして臨んでもらいたいです。十分準備をして自分を少しでもアピールできるようにしておいて初めて自分を認めてもらってコンサルタントが「紹介してあげよう」という気持ちにさせることができるわけですから。的を得た準備を怠らないようにするということです。


転職支援サービス,向かない人