転職支援サービスの正しい選び方と裏事情はこうなっている

比較サイトやランキングサイトの裏事情

転職支援サービス 選び方

よくある薬剤師転職の比較サイトやランキングサイトは、営利目的でつくられているものが多いので、お金を払わないサイトは掲載されていません。ランキングには根拠がなく、報酬金額の高いものから羅列してあるサイトがほとんどです。世の中には、個人でやっているようなエージェントもたくさんあるんですが、そういったところは、いっさい載ってません。それなので大手しか載っていないので、選ぶときの参考にはならないので注意してください。


転職成功した人と同じコンサルタントにつく

大手がいいのか悪いのかというと、それは人によります。それなので、自分のまわりの薬剤師さんで転職した友人、知人がいるのであれば、その人が利用した転職支援サービスを紹介してもらうことです。ただし、Aという転職支援サービスで転職したという方がいて、そこに登録する場合、担当のコンサルタントも同じ人にしてもらいましょう。

 

あと、その転職できた人に、どうして良いのかという理由も聞いてください。人によっては、必要のない情報はいっさいいらないという人もいるし、親身に話を聞いて欲しい、という人もいます。なので、そのエージェントがどうして優れているのかを聞いて、その理由に納得できれば、自分も利用してみようと考えてもいいです。
人によって転職支援サポートに求めるものは違うので、そこのところをはっきりさせてみてください。

大手に1社と中小に1社登録するのがオススメ

薬剤師さんの転職に限ったことではないのですが、転職支援サービスや人材紹介会社などのコンサルタントの選び方のオススメは、大手の転職支援サービスに1社と中小に1社登録することです。

 

理由は、大手の人材紹介会社は、売上重視になっているのでどうしても転職させようとします。人によっては、転職しないほうがいいこともあるのですが、転職支援サービスは、転職したあとに企業や会社からお金が支払われる仕組みなので、どうしても転職することを勧めてきたり転職しやすい会社を勧められたりします。それなので、まだ転職しないとか、情報収集の段階であれば、中小の人材紹介会社ほうがオススメではあります。親身になって話を聞いてくれます。
しかし、有名な会社のほうが安心感があるというので有名な会社に行く人が多いです。

 

大手1社中小1社といわず、いろんなところに登録して様子を見るというのも一つの手です。でも、あまり頼みすぎると求人で競い合う形になってしまい、エージェントも腰を据えて求人を探せなくなってしまうので、適度な数の転職支援サービスにに登録してください。2社使ってみてどういった反応が来るかということをチェックしてみることをオススメします。

転職支援サービス,選び方