評判のいい薬剤師の転職支援サービスが知りたい

薬剤師の転職支援サービスを使って有利に転職

【薬剤師の転職支援サービスで迷ってるの?】

薬剤師ナビなら厳選された薬剤師の転職サービス3社に

まとめて登録できるので3倍の求人に出会えます!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

3045

 

インターネットで医療分野のお仕事を検索するよりも、良い薬剤師の転職支援サービスで求人紹介してもらうほうが希望通りの求人がみつかりやすいです。

 

いわゆる「転職サイト」と転職支援サービスの違うところは、転職サイトは、求人情報が掲載してあって、検索して探すだけなので、気になる企業や病院、調剤薬局の薬剤師求人があれば、自力で応募したりスケジューリングなどしなければなりません

 

求人は公開しているのもありますが、非公開求人のほうが80〜90%と多く、サービスを利用している薬剤師さんには、優先的に紹介してもらえます。希望の採用条件や年収に合った求人がない場合には、営業して探してもくれます。

 

応募する際の面倒な作業や採用条件の交渉などは全てサポートしてくれます。求人の紹介だけでなく今後のあなたのキャリアの方向性などのアドバイスも受けることができます。

 

登録、利用は無料で、利用者は料金を払う必要はありません。むしろお祝い金を出してくれるところもあるくらいです。

 

そんな薬剤師の転職支援サービスは、薬剤師不足もあって現在全国で、約150社ほどあります。どこを利用したらいいか迷ってしまいますが、オススメなのが株式会社イード(iid)が運営する「薬剤師ナビ」です。
その理由は、薬剤師の転職支援サービスの厳選された3社に一括登録できる仕組みが評判だからです。

 

ここからは、薬剤師の転職支援サービスの内容、利用した場合のメリット、デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

まだ、インターネットで薬剤師の求人情報を検索してるの?

薬剤師,転職支援サービス

あなたは、薬剤師のお仕事の求人をどういった方法で探していますか?

 

たぶん、インターネットを使ってハローワークや転職サイトで探す人がいちばん多いのではないでしょうか?

 

でも希望にかなった好条件の薬剤師の求人を見つけるのは、なかなか大変ですよね。
解決策として転職支援サービスを利用することも考えてみてはいかかでしょうか?

 

実は、インターネットで求人情報を検索するよりも、良い薬剤師転職支援サービス会社から探すほうが希望通りの求人がみつかりやすいです。

 

えっ!?そうなの?
でも、なぜ?

 

その理由は、薬剤師の転職支援サービスに登録すると、薬剤師の非公開求人を優先的に紹介してもらえるからです。実は、ネット上に公開されている公開求人が全体の10%に大して非公開求人が80〜90%を占めているんです。

 

なぜ求人を非公開にしているのでしょう?その理由は以下のとおりです。

 

他の薬剤師の採用を考えている企業、病院に求人内容を知られたくないから
企業や病院側としては、信頼している選ばれた転職支援サービス会社からしか、人材を紹介してもらいたくないから
良い転職支援サービス会社には、たくさんの求人情報が集まるので、ネットへ掲載するのが追いつかないから

 

こういった理由から求人を非公開にしているわけで、好条件の求人に出会うためには、転職支援サービスを利用して非公開求人を紹介してもらう必要があります。

 

ハローワークのメリット・デメリット

メリットは、公開している求人数が圧倒的に多いことです。また、3ヶ月更新なので求人情報が新鮮です。
デメリットは、求人を紹介してくれるだけで、転職支援サービスのように年収や給与などの雇用条件の交渉はしてくれません。また、表向きは応募に年齢制限はありませんが、その会社が採用を考えている年齢以上だと確実に落とされます。


薬剤師さんの転職は難しい?

転職が難しい薬剤師と、しやすい薬剤師のタイプがあります。
難しい薬剤師は、ズバリ転職回数が多いことです。転職しやすい薬剤師は、コミュニケーション力があることです。この特徴は、主に調剤薬局を希望する薬剤師に顕著です。

 

転職に失敗してしまう薬剤師は、転職の理由がぶれてしまう人です。
例えば、最初は、休みが多く欲しいのでそういったところを探していたところ、給料がいい会社をみつけたのでそこに応募し採用されてしまい、働いていてこんなはずじゃなかった、と再び転職してしまいます。

 

転職回数が多いとどうなるかというと、男性の場合は、5、6回過ぎてから転職できなくなってしまいます。一方、女性のほうは、結婚、出産、旦那さんの転勤などがあるので、男性より多くても大丈夫です。

知らないと損する!薬剤師が高収入を得るための6つのポイント

薬剤師が高収入の理由は?

理由は単純で需要と供給のバランスが関係しています。大都市では、薬剤師さんの需要も多いですが「供給」も多いので、年収は高くしなくても求人に集まります。逆に僻地とか離島などの地方になってくると薬剤師さんの「供給」が少なく「需要」が多いので年収を上げて来てもらうということです。

薬剤師が高収入を得るにはどうすればいい?

薬剤師さんが高収入を得るにはどうすればいいか?方法は3つあります。

 

高収入の求人に転職をする

ひとつの職場で長く働く

副業したりダブルワークをする

薬剤師の転職で年収700万円から750万円は可能なのか?

結論から言うと千葉、茨城、栃木、埼玉などのちょっと大都市から離れた地方や僻地へ行くのなら可能です。東京、大阪、福岡などの大都市では、なかなか年収750万円の求人はありません。

 

あるいは、年収600万円くらいで薬剤師の求人に採用されて交渉して、土日、夜間も働かせてもらい、他の薬剤師よりも1.5倍多く働き労働時間を長くすることで年収750万円は可能です。
年収700万円くらいを希望でしたら、長時間働かなくても年収600万円のところで家賃補助などをプラスすれば実質年収700万円は可能です。

無理に転職しなくてもいいかも?

それなので現在年収600万円くらいもらっているのであれば、副業やアルバイトでプラス100万円くらいは稼げますので、今の職場が給料以外で不満がなくてよい職場であれば無理に辞めて他へ行く必要もないと思いませんか?

高収入の求人に転職するのにいちばんいい方法

いちばん楽な方法は、転職支援サービスに頼むことです。ハローワークや求人サイトに載せていない高収入の求人とかはたくさんあります。転職支援サービスは、そのような会社や病院などにアプローチして求人開拓してくれるのがいちばんのメリットになります。

高収入の求人がある地域はどこ?

東京都内23区内であれば600万円、23区外でも探せば650万円という求人があります。東京近郊の地方に行けば、700万円以上の求人はあります。さらに、全国どこでもいいのであれば、700万円から800万円の求人はあります。

 

各都道府県ごとに県庁所在地などの大きな街ではなく、あまり栄えていない人が居ないところで求人を探すといいです。転職支援サービスに頼めば、探してくれるし比較的早く見つかります。それがいちばん労力が少なくて済みます。

 

求人サイトでも地方の求人は探せますが、求人サイトを見る時のポイントは、年収の幅が広すぎる求人には注意してください。例えば、給料が400万円から1000万円のようにて掲載されている求人は、最高額の1000万円支給されることはまずまいので、応募しない方がいいです。それなので年収の幅は狭いほうがいいです。

東京で高収入を得るには?

ベストなのは、在職中の職場で勤続年数を伸ばして昇給していくことです。
その次が、転職をしてみることです。でも東京都23区内では、給料は600万円が最大と考えたほうがいいです。

 

調剤薬局に勤務しているなら、他の薬局やドラッグストアで土日にダブルワークで働いたり、平日に夕方以降、ドラッグストアで働くというのもひとつの方法です。
ただし、管理薬剤師は、基本的にダブルワークはできませんので注意してください。

 

派遣で高収入を狙ってる薬剤師が気を付けた方がいいこと

年収700万円とか800万円の高収入の派遣の求人を見つけたとき気を付けなけれなならないことは、2つあります。

 

派遣会社で年収700万円の薬剤師を雇用する場合、派遣先は派遣会社に1000万円くらい支払っていることになります。この金額は直接雇用で年収500万円の薬剤師さんを2人雇える金額になるので経営的に厳しいでます。派遣先の会社は、それを早めに解消したいため雇用期間は長くはならないと考えていてください。

 

派遣の薬剤師は、次の薬剤師が見つかるまで臨時なので見つかり次第契約満了になることが多いです。年収ベースで700万円となっていても1年間在職できるかは保証されていないことを気を付けなければなりません。そのあたりを認識しておいて応募されたほうがいいです。

残業なしの薬剤師求人の見つけ方

薬剤師の求人で「全く残業なし」というのはありません。

薬剤師の残業時間は必ず5分から10分は発生する

薬剤師の仕事は、ドクター、患者さん、外来のお客さんに依存するので、月間で3時間から5時間は残業は発生します。全く残業はしたくないならパートで勤務してください。契約社員でも5分から10分の残業は発生するものと考えてください。

 

残業時間が気になる薬剤師さんは、面接のときに「働いている薬剤師さんの残業時間はどれくらいですか?」と聞けば教えてくれます。また、「何時間を超えてほしくない」とか「残業はゼロ」とか希望をはっきりと言うことです。
でも残業が全くないというのは、難しいとは思うので、5分とか10分は許容範囲と考えたほうがいいと思います。

 

これくらいのレベルでも残業なしの求人を探す方法は、求人サイト、ハローワーク、転職支援サービスのどれでも大丈夫です。

転職支援サービス

いちばん簡単なのは、転職支援サービスに頼むことです。基本的に匿名で、あなたの希望条件を満たせるか聞いてくれます。そして条件にかなった求人だけを紹介てくれるのがメリットです。

ハローワークや求人サイト

ハローワークや求人サイトでも残業時間が掲載されていますが、絶対ではないので、しっかりと確認してください。確認するときは、口頭ではなくメールや文書でもらうようにしましょう。そうでないと、証拠がないので入社後残業が多かったりということがあったりします。

薬剤師の転職支援サービスって何?

薬剤師,転職支援サービス

薬剤師の転職支援サービス会社には、業界専門のコンサルタントがいて、「あなた」という求職者には求人情報を提供し、薬剤師の職種を持つ製薬会社などの業界、医院、調剤薬局、ドラッグストアなどの事業所、介護・福祉施設などに対して、「あなた」という人材を紹介しています。もはや薬剤師の転職には欠かせないサービスとなっています。薬剤師で転職経験者の87%が転職支援サービスを利用経験者です。
2009年度を例にすると、その数は約9000人にのぼります。

 

転職支援サービスのしくみを簡単に説明します。

 

1.まず、あなたが、薬剤師の転職支援サービスに登録します。
2.業界専門のコンサルタントがあなたの希望に合った求人を提案してくれます。
3.なたが応募してみたいとなれば、転職支援サービス会社が、病院、調剤薬局、企業などにあなたという人材を紹介します。
3.採用が決まれば、転職支援サービス会社は、病院、薬局、企業から紹介報酬を受取ります。

 

このように登録から採用決定まで一貫したサービスを提供してくれて、しかも無料で利用できるが転職支援サービスになります。
このようなしくみになっているので、薬剤師さんと人材が欲しい病院、薬局、企業の両方にとってWin=Win(両方が満足)できることになります。


転職支援サービスに費用はかかるの?

転職支援サービスは無料です

転職支援サービスの費用は結構かかるのでは?と心配になったかもしれません。転職支援サービスの費用は無料です。

 

費用がかからない理由

薬剤師の転職支援サービスは、薬剤師の内定が決まると病院、企業側から人材紹介料が支払われるので、あなたは、登録も利用するのも一切無料です。それなので、あなたは、いっさいお金のいことを気にしないで転職活動に専念できます

 

無料ですが1点だけ注意点

転職支援サービスも奉仕活動をしているわけではありません。企業からの成功報酬を得て営利で活動しています。それなので、あなたに企業側のスタンスでアドバイスしたり、希望条件に合わないところへ転職を促したりするコンサルタントも一部ですがいますので、この点に気をつけて利用してください。

 

転職支援サービスは複数利用しよう

ほとんどの転職支援サービスは、無料で利用できるので、大手、中小の支援サービス複数に登録して希望の求人に出会える確率を高くしましょう。

 

お祝い金が出るって本当?

転職支援サービスを利用して転職成功するとお祝い金がもらえるところがいくつかあります。金額もいろいろで、数千円から数十万円まであります。ジョブデポ薬剤師は、最大で40万円、期間限定の場合は、60万円支給というから驚きです。

 

でも、念頭においておかなければならないのは、お祝い金よりも自分の希望のいく満足する転職を実現することなので、あまりお祝い金にこだわらない方がいいです。お祝い金につられて自分と相性の良くないコンサルタントがいる転職支援サービスに登録してしまっては、いちばんの目的を達成できなくなってしまう可能性があります。

薬剤師の転職支援サービスの内容は?

あなたの希望を細かくヒアリングして、ぴったりの求人を紹介します。

希望に近い求人をさらに好条件にできるように、あなたに代わって病院・企業と交渉してくれます。積極的にあなたの希望をお伝えください。

面接のスケジュールなどの事務的な手続きも代行してくれます。

履歴書の書き方や面接の受け方もアドバイスしてくれます。

今の職場との円満な退職の仕方もアドバイスしてくれます。

 

在職中でも登録できるの?

もちろん登録できます。在職中で忙しいあなたに代わって薬剤師業界の専門コンサルタントが情報の収集をしてくれます。また、仕事が終わったあとの遅い時間でも相談にのってくれますし、内定後、円満に退職するためのノウハウも教えてくれます。もちろん在職中である、あなたの秘密は厳守されます。

 

転職支援サービスに登録するメリットは?

転職支援サービスのいちばんのメリットは、ひとりで転職活動するときに発生する面倒な作業や手続きをサポートしてもらえることです。それなので、在職中の転職活動も充分可能になります。

 

転職活動している際に応募先の会社の人事から連絡が来ているのに自分が確認するのが夜になってしまったり、仕事していない時間だったりすると先方が仕事していない夜に返信してもむこうが帰っていたりするので時間がかかってしまうところを転職支援サービスのエージェントが代わりにサポートしてくれます。ですので、登録するメリットは充分にあります。それ以外にも年収の交渉をしてくれたり、福利厚生についての交渉、家賃補助とか奨学金控除について交渉してくれます。

 

他のメリットをあげると次のようになります。

 

扱っている求人数が多い
無料で利用できる
非公開求人に出会える
給与などの条件交渉をしてくれる
履歴書の書き方や面接対策を教えてくれる
企業への応募が簡単
今後のキャリアについてアドバイスが受けられる
キャリアアップにつながる転職先を探しやすい
応募先の詳細情報を教えてくれる
働きながらでも転職活動しやすい

転職支援サービスの選び方

薬剤師さん向けの転職ランキングサイトや比較サイトは、根拠がなくあてになりません。理由は、宣伝するとお金出してくれる大手しか掲載していないからです。

 

大手がいいか中小の転職支援サービスのどちらがいいのかというと、一概にはいえませんが、友人や知人で転職成功した人が利用した転職支援サービスがあれば、そこを利用するのが迷わないひとつの方法です。

 

おすすめなのは、大手1社と中小1社の2つの転職支援サービスを比較して様子をみながら利用することです。大手は、売上重視のために転職を急かされたりするのが難点ですが安心感があっていいという人が多いです。中小は親身になって話を聞いてくれるのが良いところです。

 

薬剤師さんの悩みを相談してみるのもあり

薬剤師さんの悩みで、よくあるのが「給料」、「人間関係」、「通勤時間」です。

 

解決方法は、転職すれば解決することもあるし、しなくても解決することもあります。まずは、友達や知人に相談することをオススメします。たぶん、あなたの友人には、薬剤師で活躍している人が多いと思うので、そういった人に他の職場との比較と情報収集も含めて相談にのってもらいましょう。

 

悩みを相談するのは、とてもいいことだと思います。理由は、相手に説明することになるので、頭の中で整理できるからです。
例えば、悩みを話しているうちに、自分では、今まで人間関係が原因だと思っていたんだけど、実は、この会社が忙しいこと不満を持っていたんだ、と気づくことがあります。それで転職すれば、悩みが解決するというのであれば、そうするというのも、ひとつの手です。

 

そういった相手がいない方は、転職支援サービスに相談するのもいいでしょう。

 

転職支援サービスを使うのが向かない人とは?

転職支援サービスを使うのが向かない人は、以下のような人です。

 

中高年の人
正社員経験がないのに正社員になりたい人
正社員だけれど、これといった売りがない人
自己都合転職を繰り返してきた人
未経験の分野にキャリアチェンジしようとしている人

 

上記の人は、「この人は転職しずらそう。」とコンサルタントに思われてしまい、積極的には対応してくれない傾向があります。こういった人は、転職支援サービスの利用をあきらめるのではなく、最初のコンサルタントとの面談のときに、自分を少しでもアピールできるよう十分準備をしておきコンサルタントに「紹介してあげよう」と思わせることが大切です。

薬剤師の転職支援サービスはどこがいい?

薬剤師,転職支援サービス

薬剤師の転職支援サービスを行っている会社は、現在、約150社にものぼります。エムスリーキャリア株式会社、KRASYS、マイナビ薬剤師、Medical island、求人ER などが割りと知られています。中には、お祝い金が出るところもあります。2009年度から医療系の転職支援サービスをはじめた会社は、約50社あり、ここ数年急増中です。

 

そんなに多くては、どこを選んでいいのか迷ってしまう・・・
どこも同じでないの?

 

という方が多いでしょう。その悩みを解決するべくインターネットで検索していると思います。

 

通常、転職支援サービスを利用する場合は、1社だけでなく複数利用するほうが効果があって早く転職できると言われています。転職支援サービス1社が保有している求人には限りがあります。それなので狭いマーケットにしか対応できません。広く対応するためには、複数の転職支援サービスに登録する必要があります。
だからといって、全てに登録しても時間的制約があります。それとコンサルタントとの相性という問題も出てきます。
こういった理由から、1社だけでなく複数社に登録して利用するのがいいということです。具体的には、5社くらい利用している人が多いです。

 

薬剤師ナビなら複数の転職支援サービスに一括登録が可能です。

 

薬剤師ナビの最大の特徴は、1分の簡単な登録で転職支援サービス会社、厳選3社にまとめて一括登録できる仕組みなので転職活動の手間が減ることです。その中からあなたの希望にあった条件を提示してくれる会社を紹介してくれるんです。それなので、求人に出会える機会も3倍になります。

 

情報収集力には自信のある薬剤師ナビが、全国の薬剤師の転職支援サービスに潜入調査、アンケーロ調査、口コミ調査、検索キーワード調査、ネット広告調査などの独自の調査をおこない、薬剤師の目線で転職支援サービスを厳選しました。
あなたは、たくさんある薬剤師の転職支援サービスの中から、どこに登録しようか?と迷う必要はありません。

 

各会社は得意な職種があり、また保有して扱っている求人も異なっているのでダブったりする心配はありません。また、コンサルタントさんは、親身に相談にのってくれると評判です。
応募先の社風や雰囲気から裏話までも教えてくれるので事前の情報を仕入れることができます。
さらに、まだ転職時期が未定の薬剤師さんも歓迎しています。
登録した個人情報は、登録者の希望がない限り勝手に公開することはありませんので安心してください。

 

薬剤師ナビ利用者の素顔

薬剤師ナビ利用者に聞いてみたアンケート結果です。
86人の方からの回答がありました。

 

求人情報を探す時にいちばん給料以外で重要視することは?

通勤距離      :54%
1ヶ月の休日日数  :18%
駅から職場までの距離:11%
従業員数      :10%
1ヶ月の残業時間  :4%

 

以外なことに、休日日数よりも通勤距離を半数の薬剤師さんが選んでいます。

何回目の転職ですか?

初めて :31%
2回目 :31%
3回目 :13%
4回目 :11%
5回以上:11%

 

6割の人が初めてか2回目の転職で利用しています。

転職理由は?

給料アップ :36%
仕事内容  :26%
人間関係改善:21%
職場を近くに:10%
休みが欲しい:5%

 

今より高収入を得たいという転職理由は納得できますね。

 

薬剤師ナビの自社調べによると、利用した薬剤師さんの満足度は94.8%と多数の満足の声を得ています。

 

あなたも薬剤師ナビで希望とおりの転職を実現してください。

 

↓薬剤師ナビの登録は簡単、1分で完了↓

薬剤師,転職支援サービス